ビタミンC化粧品はどんな悩みに効いて、どんな効果を持つの?

 
■ビタミンC化粧品とは
ドラッグストアやコスメ売り場でよく目にする”ビタミンC入り”化粧品。
確かにビタミンCと聞くと体に良いような気がしますが、具体的にはどういいのでしょうか?
それに化粧品となるとお肌に塗るもの。
体内に服用しなくてもお肌に塗ることで何か効果はあるのでしょうか?


■ビタミンC化粧品が効く症状
具体的にビタミンCには、抗酸化作用・炎症を抑える作用・皮脂を抑える作用があります。
抗酸化作用とは、酸に抗う。
つまり体が衰えたり老化していくことに抗う効果があるのです。
簡単に言うとアンチエイジングですね。
それにニキビの炎症を抑えたり、テカリやニキビの原因となる皮脂の分泌をビタミンCは抑えてくれるのです。


■ビタミンC化粧品の効果 ニキビやアンチエイジング
まずビタミンCはニキビに大変効果があります。
できてしまったニキビのケアはもちろんですが、ニキビ自体ができにくい肌にもしてくれるのです。
ニキビ特有のあの赤みも抑えることができます。
万が一ニキビがニキビ跡になってしまっても完治を早くしてくれ、跡が綺麗になくなる効果もあります。
次にアンチエイジング効果です。
私たちのお肌は紫外線などによって日々老化しています。
そこにビタミンCが加わる事で、老化の原因となる物質を取り除いてくれるのです。


■ビタミンC化粧品の効果 シワたるみ
ビタミンC化粧品の効果があるのは、ニキビやアンチエイジングだけではありません。
いつの時代でも女性を悩ませているシワやたるみの予防にも効果があります。
ビタミンCはお肌から吸収されると、体内でコラーゲンを作るように促してくれます。
そのおかげでハリや弾力のあるお肌が出来上がり、シワ・たるみを予防してくれるのです。
ちなみにコラーゲンだけでなく、お肌の水分を保つ効果もあるそうですよ。
他にも皮脂の分泌を抑えるので毛穴が目立ちにくくなったり、美白効果も期待されています。


ビタミンCはどうしてもサプリメント等で体内に取り込むイメージが強いですが、お肌に塗る事でちゃんと吸収される成分です。
ビタミンC単体での効果もたくさんありますし、体内で形態が変わり他の物質との相乗効果も期待できます。
同じビタミンCでもすぐに吸収されるものと、ゆっくり吸収されるものがあるので使うタイミングや症状によって使い分けるとより一層効果があるのではないでしょうか?
ビタミンC化粧品には開封後の使用期限があり、また紫外線に弱いので保管方法や使用期限に気をつけて使用してみてくださいね。